» 未分類のブログ記事

ハーフ顔メイクをするときに強い味方になるのがカラコンです。
しかしカラコンといっても無数に存在するカラコンの中からどんなカラコンを選べばいいのかわからない人もいるはずです。
そういった人のためにハーフ系カラコンについて書いてみたいと思います。

まず、ハーフ系といっても金髪や茶髪で濃いめメイクのギャルっぽいハーフ系と黒髪でナチュラルメイクのハーフ系があります。
そのどちらになりたいかで選ぶカラコンは変わってきます。

ハーフ系カラコンの定番カラーといえばグレーとヘーゼルですが、ここではヘーゼルにしぼって解説します。

ギャルっぽいハーフ系ならLOVEIL(ラヴェール)のシルキーベージュというカラコンが高発色のくっきりフチでおすすめです。
ベージュという名前ですがヘーゼルとほぼ同じ感じです。
ラヴェールにはシアーヘーゼルというカラーもあるのですが、シアーヘーゼルの方はフチや着色がもう少しナチュラルな感じです。

ラヴェールのこの二つのカラコンは両方とも着色部分が3つのトーンを重ねたデザインになっていて、この3トーンのグラデーションになっているというのがハーフ系カラコンを選ぶ一つのポイントです。
シアーヘーゼルはワンデー使い捨てタイプのみですが、シルキーベージュの方は1ヶ月使い捨てタイプもあります。
参考:http://xn--lckq1a8hodp7c2d.biz/1day/loveil-silky-beige
(LOVEIL(ラヴェール)のシルキーベージュ 人気のヘーゼルカラコン)

次にナチュラル感のあるハーフ系カラコンについてです。
ラヴェールのシアーヘーゼルがナチュラル感があると書きましたが、もうひとつ(ふたつ)紹介すると、リルムーンというカラコンのシルキーベージュとクリームベージュというカラコンがナチュラルなハーフ系カラコンです。
やはりこの二つも3トーンを重ねた着色デザインになっています。

ハーフに見えるカラコンの条件をもうひとつ言うならば、装着時に瞳にひまわり模様が出るカラコンという条件です。
これは3トーンが重なったカラコンであれば自然とそう見えることが多いので、見つけるのは難しくはありません。
今このページ紹介したカラコンも通販サイトなどで装着写真を見ればひまわり模様が出ていることがわかるはずです。

ハーフ系カラコンのもう一つの定番カラーであるグレーを選ぶ時にも「3トーンが重なった着色」「装着時に瞳にひまわりの花が出る」という条件を意識して選べばOKです。

 
<ハーフ系カラコン参考サイト>
http://xn--lckq8fya1htc4c7265j.biz/
【ハーフ顔に見えるおすすめカラコン】

 移って当座は、別に変った事もなかったが、その頃私は常に夜の帰りが遅いので、よく弟や老婆の云うのは、十二時過ぎた頃になると、門から玄関へ来て敷石の上を、カラコロと下駄の音がして人でも来たかのような音がすると云うので、これは屹度、自分に早く帰らそうとしての事だと思っていたが、強ち、そうばかりでもなかったらしい、何をいうにもこんな陰気な家で、例の薄暗い仏壇の前などを通る時には、私にもあまり好い気持がしなかったが、何分安値くもあるし、賑かでもあったので、ついつい其処に居たのであった。

 古典は原語で読むことが、もちろん最上である。言語は思想表現の具であるから、著者の精神・気魄の繊細にして周到なる表現は著者自身の言語によるを最善とすること明かである。併しすべての読者に対し、古典をそれぞれの原語にて読むことを要求するは至難である。従って古典の翻訳は、古典そのものに次いで重要である。その翻訳は良訳でなければならぬ。又全訳でなければならぬ。悪しき翻訳は悪しき著述以上に有害であり、又部分訳は古典の精神気魄を伝うる上に於いて不十分である。

 不思議さのあまり呆然そこに佇んでいると、不意に背後から私の利腕をぐッと掴んだものがあります、愕いて振顧ると見も知らない男が私の方を睨みつけながら、ぐいぐい腕を引張ります。不意ではあり何のことだか夢のような心持で、抵抗いもせず扈いてゆくと、その男は私を蕗子の家の表口から連れこみました。
 すべてこの出来事が私にとって解けない謎だったのです。
 台所には蕗子の妹で十三か四になる艶子が、近所の内儀さんたち二三人に囲まれて、畳に打伏したまま潸々と泣いていました。